スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Goonies ''R'' good enough


今日、久々にポポから電話きました!!
田野畑村〜岩泉界隈は、今日からソフトバンク復活だそうです。
Docomoの携帯買って送ってあげようかと気を揉んでましたが、
岩泉はライフラインもほぼ途絶えることなかったので
元気にやっているようで安心しました。

もともと負のオーラをあまり出さない子なので
本当に想像以上に元気だったのが逆に心配だけど、
もう元気に仕事にも戻っているそう。

友達のみなさま、また連絡してやってください。
(スルーの女王ですが、まぁ気長にね!!)


今夜は、過剰な節電モードの会社に
かなりイライラしながら帰ってきましたが、
日の丸背負ったシンディ姉さんのあまりに素敵なライブに
ご機嫌で夕ご飯作りました。

素晴らしい会場、ライブだったね!!
’07のサマソニで観られなかったのを残念に思っていて、
本当は先週のBunkamura行きたかったけど、
きっとまた会える、と思った。



君が満足するなら 僕も満足する
それで十分さ 僕には十分さ



シンディの歌もさることながら、
久々に観たグーニーズのみんな(↑動画)。
なんか、やっぱいいね!!!


そしてそして、思い出した、
シンディ姉さんといえば私にとってはこれもそう。
今夜はピースフルな気持ちで眠ろう。







USA for Africa -We Are The World
シンディ姉さんは3分くらいから登場。


We are the World 25 for haiti
こっちも聴きたくなっちゃうよね。
シンディの後輩、ディズニーファミリー、マイリーとかね!



| may | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
未来へススメ!
今日は、午後から久しぶりすぎるヨガに行って、
そのあとはめいちゃんと自由が丘でお茶。
ポポとともに爆裂食欲同盟を組んでいた浪人仲間なので
やっぱり安心するしたのしい!
素敵な午後でした。
近いのに久しぶりすぎた、自由が丘。

19時でほぼまっくらでしたけど、
また近々遊びに行くんだ。行こう。うん。

地震でかき消されてしまっていたけど、
ホワイトデー。
正直なところ、密かにずっと憧れているのは
バレンタインに男子にばらの花をもらうとか、
そういうベタな出来事なのですけど、
こんな状況下にちゃんと準備してくれたダンナに感謝。

あと、うちの妹経由で父から
大好きなお濃い茶ラングドシャも。



エルメの箱、かわいかった〜♡
マカロン、久々に食べましたけど、
なんて幸福な味がするんでしょうね?
ばらの花よりマカロン、とどうしても思っちゃうよね。




震災から10日、様々なかたちで、
被災された方の心が張り裂けそうな話を
日々目にしているわたしたち。
今の幸せが一瞬でなくなってしまう怖さと、
やるせなさに苛まれながら、
この一瞬一瞬に感謝して生きなくっちゃ。

わたしたち、30代。
今まで「なんとなく」やり過ごしてきたいろんなことを
考えて変えて、開いていく力をつけて
実現しなきゃいけないんだと
きっとみんな思っているよね。
いまできることと、これからできること。


今まで漠然としか考えたことなかったけど、
これから、ちょっと真剣に考えていこうと思ってマス。
念のため、宣言しとこ(笑)。


さて、明日から通常勤務!
まだまだ不安定な交通の東京。
心配だけどがっつり働けるようにがんばるどー!







ここ数年でも稀に見る「毎日更新」でしたけど、
とりあえず日常に戻るつもりなので
これからは「いつも通り」の感じにしたいと思います。
無理なく更新と言いますか。

そして毎日、わたしにとっての「元気出す曲」貼っていて、
今日はなににしようか悩んでたんだけど
日常に戻るという意味でも、ももクロちゃん貼っちゃう。

この曲、Perfumeのポリリズムを超える
「中学生ソング」というかキャンペーンソングというか…
音楽の授業で歌わされない?こういう曲っていう。
でも、元気でるよ。



あと、これ。前向きに、前向きに。走る!





| may | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
はなればなれのぼくらは


さっき、東京に戻って来ました。
ここ何年か、高齢により耕作放棄した、
実家の本家にあたる家のみかん畑を
父の友人たち有志がせめて枯らさないようにと
収穫や簡単な手入れをしているのですが、
今朝はわたしたち夫婦以外の家族は皆畑へ。

わたしたちは帰京の準備等々で
小一時間しか手伝えなかったのですが、
今日のこのみかんは、町会議員をしている
父の友人こと、わたしの幼馴染みのパパが
実家のあるいわきに支援物資として届けたいとのことで
みんな予定を大幅に延長して、夕方まで収穫していました。

まだ小さな小さな夏みかん。
どうぞ少しでもフレッシュな風となって届きますように。



今日までの数日、混乱気味の東京をはなれて
家族にかこまれて、外に出てもお肉屋さんや本屋さんや
わたしをどうしようもないガキんちょの頃から知っている
そういう人たちと話したり笑ったりして
今日は畑から桜なんか眺めながら歩いて、
さらには犬の散歩で海も見に行ったりして
ほんとうに、火曜日からの日々へむけて鋭気を養ってきました。





*以下マジ日記。凹んだ気持ち込みなのでイヤな方はここまでで!


続きを読む >>
| may | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
Extra Super Moon!


今晩は、地球に最も月が近づく日で
お願いごとが叶うかもよ、と言われたので祈る。
願わくば、もうこんな悲しい出来事が起こりませんように。


今日は、だんなの仕事の合間に河津のロカンタというカフェまで
一息入れに行って来ました。
河津は、大きく開けた海にむかって、川が流れている街。
2月はこの川に菜の花と河津桜が咲き誇って見目麗しい場所です。
こういう街を津波が飲み込んでしまったんだ、とまだまだ考えてしまうけど…
明日には東京に戻るから、しっかりしないとね。


このカフェでとある作家さんが毎日執筆しているそうで…
田舎暮らしにほのかに憧れる私たちは羨ましく!




本日なんだか気忙しいので、ゆっくり長くかけませんが
この曲貼っとこ〜。
月じゃないけどさ。



ほし:曽我部恵一BAND
ほしがきれいだから 君に会いたくなって


STARS:曽我部恵一BAND
見てよ 夜が 明ける この瞬間
空の なんて色
| may | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
TURN UP THE RADIO

あれから1週間。
あらためて、この出来事の大きさに驚き、
また多く奪われた命に哀悼の意を表します。
友人をはじめ、被災されたみなさま、
心からお見舞いを申し上げます。





今日は初めての計画停電実施で
しかも18:20〜の夜の時間帯だったので、
家族みんなでキャンドルをテーブルに集めて
(揺れた場合の火消し担当は決めてから!)
うっとりとした(嘘)夕ご飯となりました。

意外と2時間ほどで終わったので
「なんだ、真っ暗な街を散歩したかった」
なんて減らず口を叩きましたけど、
その2時間を過ごしての、点いたあとの1時間の早いこと!

ほんとうに、「ライフライン」が当たり前にある
環境に感謝する時間でした。
わたしたちがなんて恵まれているのか、
それにもしいつか、災害があったらどうするのか、
停電は本当に考えさせられますね。


そして、停電。
去年、小沢くんのライブを観にいった人は
みんな頭をよぎるよね、きっと。

小沢ファン以外には興味ないかもしれないけれど、
すごく…なんというか停電騒ぎに際して読むと
きっと元気が出ると思うので、
もし時間があったら、闇のなかで、読んでみてください。






====
2010年 小沢健二ライブツアー 「ひふみよ」
冒頭の、小沢健二の朗読。
客電が完全に消えた、真っ暗な中で、一筋の光のような声
====

2003年、夏の日の夕方、ニューヨークで大停電が起こる。
エレベーターに閉じ込められた人たちが助け出される。
地下鉄が止まる。
道路では信号が消えてしまって、車が立ち往生している。
家に帰れなくなった人たちが街中にあふれる。

みんなが電話をかけるから、携帯電話のネットワークが落ちてしまった。
パニックが起きるかと思ったがそんなことはなかった。
街の人たちは路上で休んでいる人たちをアパートに迎え入れる。
みんなが自分と感じが合いそうな人はいないか、探り合っている。
困っている人がいないか注意している。

みんなが頑張ろうとしていた。

いつも小銭をねだってくるホームレスのおっさんが大活躍している。

あのビルの合間は休みやすいよ、とか
水が飲めるしビルが自家発電だし、とか
ホームレスのおっさんは近所の事情にやたら詳しい。


テレビ局は大電力が必要なので機能しなくなってしまった。




けれどラジオは放送を続けた。



小さなラジオ局がホームレスのおっさんの様に活躍していた。
停電はニューヨークだけではなく、
アメリカ北部とカナダまでを覆っているらしかった。
そして復旧の見込みは今夜一晩なかった。



暑い夏の夜が始まる。



生鮮食品を売る店は、どうせ腐ってしまうのだから、
と肉や野菜をタダで配ってあげた。
どこの家でも蝋燭の灯りの下で大勢のための料理が始まった。


電池で動くラジオやCDプレーヤーから音楽が流れ続ける。



暗闇の中で音楽はあまく、いつもよりくっきりと聞こえる。



歌の歌詞は雪の上の動物の足跡のようにはっきりと見える。



言葉だけではなくて、音楽がはっきりと聞こえる。



演奏している人、歌詞を書いた人の気持ちが
どっきりするくらい近くに感じられる。



そして、同じ暗闇の中に、同じ音楽を聴いている
同じ気持ちの人たちがいることを感じる。





昔の人は「門構え」に「音」と書いて「闇」を表した。



人が住んでいない砂漠にあるような闇が大都会の上を覆う。



その闇の中で音が続き、街中の路上でパーティーが始まった。



いつも同じ感じで進んでいる世の中で、ある全然違う世の中が見える。



一瞬だけ全然違う僕らのあり方が見える。



明日は電気が復旧してまた元の生活が帰ってくる。



けれど今夜だけは僕らは全然違う世界で時を過ごす。



そして元の生活に戻っても世の中の裂け目で一瞬だけ見たもの、聴いたものは消えない。



真っ暗闇の中で音楽を聴いていた日の事は絶対に忘れない。






その記憶は消えることがない。



*tonoyuさんお誕生日おめでとう!









さて、今夜の停電、たぶん他の家庭でもそうなんだろうけど
ラジオをつけて過ごしました。
TVだとどうしても見過ぎてしまう過酷な光景に、
心を痛めすぎてしまう人もいると思います。
そんなときはラジオをつけて。


今夜はニッポン放送、ディズニー特集でした。
いろんなディズニーの曲が流れたけど、
中でもこれは、わたしの大好きな曲。
本当は今日、地震のことについて、これからのことについて
色々書くつもりでいたのだけど、
この曲を久々に、闇の中で聴いて、沁みて、もういいやって。
歌詞の内容は、ちょっと「違う」かもしれないけど、なんかさ。

人のチカラで生まれたたくさんのものに生かされている私たち。
自然の前では無力だと、今回思い知らされているけれど、
ずっと折り合いをつけて、頑張って生きてかなきゃいけないんだよね。







| may | 23:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
明日も元気に!

実家の小さな小さな庭で「オセロ」っていう犬を飼ってたとき
あまりに椿が咲くので、花にオセロの寿命を示されているようで
なんとなく不安になったことがいつかあったのですが
今日もその小さな庭の椿は元気に咲いていました。
うん、悲しいことは必ずしも連鎖しない。
こうして今も、きれいな花を咲かせるんだよね。


自宅で仕事の合間に(とはいえ私は仕事なかった〜)
だんなと犬の散歩に出たのですけど、
一昨日の静岡の地震&停電での電車の運休で
温泉街はしーんとしていました。

今までも何度となく地震の風評被害を乗り越えてきた伊豆。
この場所の底力も信じているし、みんなに来てほしいと思うけど
なおのこと、東北の旅行も復興に合わせて予定して行きたいです。


小さなころから東海地震の怖さを植えつけられて育っている
わたしたちですけど、そんなにしっかり防災対策できているかというと
そうでもないのが現実だと思います。

でもさすがに、今回は散歩の時に母と避難路を確認しているし
いつかみんなが離れ離れになってしまったときの
連絡の取り合い方も、いつになく真剣に話している。


儚くも消えてしまった大切な命を絶対に無駄にしないように、
わたしたちもこれからたくさんのことを学ばなければ!!


でも、なんだろうね、昔からの「地震への耐性」というか、
笑い飛ばせるチカラを街のみんなが持っている気がしてホッともしてます。



被災地のみなさんはもちろん、東京のみなさん、
混乱する気持ちをニュートラルな状態に保つのって
ほんとに辛いと思いますが、ぜひ、笑って、笑い飛ばして!

さっきオールナイト日本でこの曲をやってたと聞いたので
今日はこれを貼っておきたいと思います。
ザッツ静岡パワー!!!



あと、ももクロちゃんライブでかかってて懐かしかったこの曲も。

| may | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の嵐

子宮を取り出す緊急手術したばかりですの、ボサボサですみません!



今日からダンナも自宅作業になり、
わたしの会社は帰省しての作業もOKになったので
せっかくだからと帰省しました。
もともと今週の連休に実家の犬の様子を見に
帰省したいねと話していたので、思い切って。


怖いほど人のいない表参道、麻布、高輪、品川。
タクシーで品川駅に着くと、
日曜の22時でももう少し人いるよねという状況。
新幹線もガラガラで、なお今回のことの”おおごと”さを感じました。

昨日地震のあった伊豆に戻ってなにになるんだ、
ってツッコミも貰ったんですが
やっぱり東京で初めて体験する地震に、
すごく緊張していたんだなと、帰ってきてあらためて。

なんというか、家族の存在もそうだけど
この静岡にいるほうが「地震への慣れ」の感覚も戻ってくるような。


少しその気持ちのバランスを取り戻して、
元気になって帰京したいなと思います。




春一番はもう吹いたけれど
今日の強い風が、この歌みたいに優しいなにかになりますように。
曽我部さんが、今回のことを受けて無料配信した曲です。

”ぼくも、あなたも、なにか小さな光でもいいから
何かを信じながら、毎日を過ごしましょう。”
曽我部恵一 日記より



| may | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日がこれからの人生の始まりの一日め

Radwimpsも特設サイト開始。アーティストメッセージの数々に励まされます。
3/16追記。今日知ったんですが、このサイトは「糸色-ito shiki-」。
この前ラッドが出したアルバム「絶対絶命」。
「糸色 体 糸色 命」「いとしき からだ いとしき いのち」。うわぁ。




今度は静岡で地震があって怖いですが、
嬉しいことは今日のうちに!
アップします。




さっき、ポポから電話がきました!
声を聴けて、本当に本当に安心したよ。
神様、ほんとうにありがとう!!!

ポポは田野畑のまさに海辺で清掃の課外授業中で
地震を受け、崩れる山と、揺れ続ける地面に
恐怖で歩けなくなってしまった生徒を抱えながら
田野畑高校みんなで無事に避難できたとのことでした!

住んでいる田野畑近くの家も、
現在身を寄せている宮古の親戚宅も、
あまり被害を受けずに電気なども通っていて、
食料なんかも困らずに過ごせていると。

まだ、安否のわからない家族もいて、
今後も心配なことに変わりはないけど、
とにかく本当に、本当に、生きててよかった!!!!





フォローしている有名な人のうち、
RTをし続けていたチャットのあっこちゃんに
ポポの情報をどうやって得られたかを
「誰かの希望になれば」と
昨日ツイートしたのだけど、50回以上のRTを経て
(RTのお知らせに震え続けるiphoneに泣いた。有名人て、すごいね)
田野畑高の情報を探している人に見つけてもらえました。
繋がって、朗報を知らせられるミラクル。

きっと、今、一瞬一瞬でたくさんの
同じミラクル、起こり続けているよね。




地域地域で情報をつぶやき続けている人、
避難者名簿の写真をテキストに起こし続けている人、
情報が見やすいようにまとめてくれている人…。
ほんとうに、頭が下がります。
ひとって、凄い。










続きを読む >>
| may | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
つながっている

元気になりたいから、
そういう曲貼っていこうかと。

     *

僕たちは君の想像とは違う
俺たちは最高だ。     そして、君は美しい!!!

*******
We are not what you think we are
We are golden, we are golden.
We are not what you think we are
We are golden, we are golden.
*******



昨日の日記にも書きましたが、
心配していたポポの無事が確認できました。

Google Finderで繋がった彼女の親戚の方から
今朝朗報をいただけて、その後は興奮冷めないまま
会社に遅刻の連絡をして友人みんなに知らせていました。

まだまだ、彼女の家族で行方不明な人もいて、
予断は許さないですが、今朝はほんとうに、
今回の件で出会えたすべての人と、
ネットでの繋がり、友達、家族みんなに感謝の涙でした。


Google Finderのステイタスを
「生存を確認」にしたとき、
わたしたちが置かれてしまったこの、今のとんでもない現実と
本当に本当にラッキーなことに起こってくれた奇跡を想って
また胸がふるえました。

さらにここで、彼女の大学の友人とも連絡が取れ、
10年ぶりにコンタクトを取って吉報を伝えられて。


さっき、ようやく激務を終えて私からの連絡を見た
ヤマダからも電話が。
よかったよかったと電話の向こうで泣いていて、また涙。


*******************


午後から仕事に行ったけれど、
今の状況から言えば一番最初に自粛していく、
そんな分野にいる私たちはあまり仕事にならず。

今わたしにできることは、毎日会社に行って、
お金を稼いで、それを今回のことにどう役立てるか、
それを考えて生きるしかないから、
意味がないっていくら思ってしまっても、
明日も会社に行くんだろうな。


今、マスコミをたたく人もいっぱいいると思いますが、
目の前のことを寝ずに伝え続けてる、
その手法がどんなであれ、彼らは精一杯の仕事をしてる。
助かった人のコメント撮りが嫌らしいって声も聞くけど、
それによって誰かの無事を知る人もいるかも。

紙媒体の人たちは、自分たちがそれを発行すべきなのか、
迷ったり悩んだりしているかもしれないけれど、
どんな形であれ仕事を全うしていくことが
絶対必要だと、今日帰りに街を見て思いました。


どこのお店も閉めたり、早仕舞いしたり。
時給で働いている人は、きっとダイレクトに厳しいと思う。
TDRが21日まで閉園という英断が胸に沁みたけれど、
たしかリゾート全体で年間トータル2万人の人が働いてるはず。
体力のある企業は、彼らのケアもできるのかな…。


…ダメですね。
ネガティブなことばっかり考えてしまう。
でも、今、わたしたちみんな学ぶことがいっぱいあるよね。

もうこの激動の日々で、ほんとうにいろんなことを
考えて悩んで、実践できていると思います。
取り急ぎ、私は近所のスーパーに、落ち着いたら
「停電問題が収束しても、今のままでいいのでは」
って言いたい。
いつもレジの女の子が心配になる程の
冷蔵ケースの冷気も少なく、
照明も間引いて点けている明るさでじゅうぶんでした。

誰かが、
「1日3時間の停電で原発を動かさなくて
 良くなるなら、喜んでする」
ってツィートしていたけど、本当にそう思う。


**************************
私はある程度、安否不明問題に一息つけましたが、
まだ不安な方がここを見ていたら、
少しでも励みになれば。

このYou Tubeのコメント欄も、
世界からの励ましでいっぱいです。




| may | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ある光

Shibuya,TOKYO/7pm today.
Tokyo voluntarily turns off the light by the electricity shortage for struck.


*****
3/14 追記
下記にて心配していた、友人ポポの安否ですが
朝9時過ぎに親戚の方から無事を確認できたと
連絡頂く事ができました。
ほんとうに、今回はネットに助けられています。
感謝!!
*****



みなさま、まだ不安な夜が続きますが、お元気ですか?
金曜日、私は仕事で豊洲のSCの中でした。
某番組の簡単なロケに同行していて、
最初に音声さんが「あ、地震」と。
上を見上げて、「ホントだ、(天井からぶら下がってた)非常灯揺れてる」
なんて話していたら、立っていられない程揺れてきて。
カメラマンさんが「局に戻ったら使うかも」と撮影を始めたけど
ロケ隊みんなで「外に出よう!」って声を掛け合って。
あの時の揺れは、今まで静岡で体験した他の地震よりも
天井がぐるぐる廻るみたいに見えて、その時点ですごく怖くて。

東京湾沿いで埋め立て地なので、本当にすぐに豊洲を離れたかったけど
震度5くらいだとみんな「逃げましょう!」って言葉を
まだ飲み込んでしまう、そんなことを学んだ日でした。

結局、暖を取るために乗り込んだロケバスのTVで、
事の重大さをみんなが認識し、とにかくここを離れておこう、と
運良くも私はそのまま、青山一丁目まで車で送ってもらえたのでした。
新橋の、すごい人。驚く人数の並ぶバス停、公衆電話。
途中から渋滞に巻き込まれたものの、Twitterでダンナや妹と連絡を取りつつ
そこまで戻って来られて、本当に本当に有り難かった。

青山一丁目から表参道のダンナの事務所まで歩いて、
兄嫁と落ち合い、彼女がTwitterで見つけたジャイルの自転車貸し出しで
快く電動自転車を貸して頂いて、兄嫁と二人で帰って来られました。
ほんとうに、心強かった!!!


でもそのあと、朝の3時にダンナが仕事から帰ってくるまで、
たった一人でTVを観る事しかできなくて、
岩手に住んでいる親友ポポへの心配に押しつぶされそうな夜でした。
ポポは学生時代をずっと同居して過ごした、
友達であり妹である人。「腹心の友」って形容できる人。

昨日も一日、彼女の安否がわからないことから、
ほぼTVとネットにかじりついてしまった。
自分では、近所に買い物に出かけたり、
平常心で過ごしているつもりだったけど、
節電のことや人探しツイートなどなど、
気が気じゃない分たくさんRTしてしまったりして
本当にみなさん、失礼しました。

RTが広がっていくことに感動を覚えた瞬間もあったけど、
その分、ひとつひとつのことに気をつけなきゃって、反省。





今日、ジャイルで借りた自転車を返しに表参道に行って、
原宿から渋谷まで歩いて帰って来たのだけど、
原宿はちらほら人はいるものの、ほとんどの路面店はクローズ。
でも渋谷に着いたら、PARCOもロフトもディズニーストアも
あの界隈ほっとする程普通に迎えてくれて。
家にいたら悶々とポポの情報を得ようとTVとPCにかじりつく、
昨日と同じ日を送ったと思うから、
やっぱり「街がそこにあること」って大事だなって。

まぁ、商品見ててもそわそわして、欲しいものなんて
見つからなかったけど、でも、ダンナは今日仕事なので
家で電気使って一人悶々と過ごすよりは、と
夕暮れの渋谷をうろうろ歩いてきました。

大型店はほとんど18時クローズで、
でも人波に押されてまだまだ明るい19時前、
ZARAはさっさと真っ暗になっていて、
「すごい、徹底してるなぁ」って思いながら
それでも明るいセンター街に抜けて、
渋谷駅前に向かっていて、びっくりしました。
TSUTAYA(センター街入り口)のむこうが、暗い。


Twitterで目にして、大きなモニターが消えたのは知っていたけど
109も109-2も全部電気消えてて、街に反射する光がなかった。


街中では迎えてくれる灯りにホッとできたし、
そして、今まで深夜でもこんなに暗かったことはないんじゃ、
っていう渋谷のこの拙い灯りに心が熱くなって帰ってきました。


そして…心配しているポポの件ですが。
相変わらず彼女自身の安否は不明ですが、
mixiの田野畑村のコミュで「場所的には大丈夫」という気持ちを貰えました。
そして、彼女へのメッセージも「届けば」という心遣いで
今後田野畑入りするという方に預かってもらえました。
Google Finderで登録をしていたら、ポポのイトコに連絡がついて、
彼女の大槌の家族は逃げられたって連絡が来た、と聞く事もできました。


長々と書いてしまいましたが、あがいていれば朗報も聞けた!ということを
知ってほしいなというのもあって。
今回思ったのは本人と連絡がつかなくても、
やっぱり安否情報はGoogle Finder等と使うということ。
Twitterで有効な情報も貰えたけど、安否確認をいくらRTしても
被災地が電話もネットも繋がりにくいんじゃ話にならない。

今回、ダンナや兄弟がポポの情報をTwitterで見つけてくれたのは
「本名を検索」っていう一番簡単な方法でした。

誰かの、希望のひとつになれば。


==============

そして、去年ポポもわたしもライブに行けた、小沢くん。
今日、公式でもコメントがあったけど、
ポポのことを思いながら聴いてました。
この曲、いろんな捉え方があるかもしれないけど、
今のわたしには希望、光の歌だけに聴こえる。

今日の、消した分だけ届けられる光を、
街のきらめきを、歌を、連れてって。


| may | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 2/5  << >>

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

ことばのかけら

*Thank U 4 coming*

ブログパーツUL5

てふてふ。

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links