スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
ヘドウィグアンドザアングリーインチ


はるか昔に、映画を勧めてくれた
しんくんに誘われて、
スタンディングでいってきました。
大根監督×森山未來、後藤まりこの、
ヘドウィグアンドアングリーインチ。
(なんで、邦題ってこゆときザ、を抜くんだろか)

結論から申しますと、
もう一回観たいです。



たぶんこの熱は、初めて未來くんの
舞台観たときと、今回の、作品のギャップが
結構極端に違うこともおっきいんだろな。

しかも会場で偶然会った友だちが
その舞台一緒に観たふたりだったから、
なんかわたしは余計その熱がまだ続いてて。

映画と比べちゃうと、全く違う作品感なのだけど、
とりあえず森山未來と後藤まりこ好きな人は
四の五の言わずに観たらいいと思う。

ということだけ書いときます。
あとは、観た人と語らうから黙っとくんだー。
今週の平日、スタンディングまだ売ってるのだよー。
ZEPPファイナル観るか、
今週ひとりで行っちゃうか、悩み中…。








舞台に誘ってくれたしんくん、
だんなの日芸仲間のひとりで、
基本どうしようもない系(笑)なのだけど
彼の映画のセンスは、すごく信用してて。
で、舞台帰りにみんなで話してても
しんくん以外映画のことちゃんと覚えてなくて
申し訳ない気持ちもあって見直した。

そしたら、なんでこんないい映画、
覚えてないのか不思議なくらい記憶なくて
すごいびっくりした、土曜日の午後。

大学生のわたし、バカだったのかな…?

しんくんの解説の的確さと愛、
あれを10年前も聞いたのではなかったのか…。
| may | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
大木屋でおにく!
最近恒例の女子会。
前回、自由が丘のうなぎ居酒屋「ほさかや」で
この日をしっかり決めた、待ちに待った29(ニク)の日。
(ほさかやからの大木屋というとこが
素晴らしくおやじくさいけど、一応おとめの会)

わたしは若干仕事が終わらず、
30分近く遅れて到着したのだけど、、
ここかー、一度通りすぎちゃったよ、
とのんびりインスタで店がまえをアップしようと思ったら
友人たちの肉の写真がすでにあがってて慌てて入店。

いやー、言うよね。
なんども言うよね。
お肉の、エベレストでした!!!
どーん!!!


谷中の大木屋さん、
コースで5名からの予約なのだけど
これ、2品目。

でもこのタイミングで食べちゃうから
めっちゃおいしかった!!!
女子5人で、その前にだらだらとお料理出てきたら、
また違っちゃったと思う。すばらしい。


おちゃめなおじさんや、「自分でやってね」と言いつつ
結局手伝ってくれるお兄さんたちの接客もよかった。
(店内で女のみのグループがわたしたちだけだったからかな、、)

実家にもこんなんあるかな、、という大きさの
超でかいボウルに入ったもんじゃで、〆。


(下段は、キャベツのおふとんかぶった、
巨大なメンチカツ)



あー、たのしかった。
この会、レバ刺しお別れ会、うなぎ会、肉、と来て、
次回ようやく、おとめらしいおとめの会。
たのしみ。


大木屋
| may | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
お祝いありがとう


33歳の誕生日。

友人たちと、24から25になるとき、
26から27になるとき、
たぶん30になったときよりも、
地味に傷つく、というか、凹んだ気がする、
みたいな話をした。

で、33は今までで一番凹みました。
なんか、27になったとき感じた
「もう許されない」みたいな感覚がある。
でも、今27のこと思い浮かべても
「子どもだったなぁ」とぼんやり思うだけだし、
きっと時間が経つと同じいい思い出になるんだろうな。

誕生日当日は、SNSでたくさんのお祝いをもらって、
仕事のあと、仲のいい女子2人とおいしいごはんを食べに行った。

合間に、ここ数年、当日仕事で不在のだんなさんの代わりに、
だいたいごはんに連れ出してくれる、友人チバが、
忙しいのにプレゼントだけ渡しに来てくれた。


ちょっとだけ彼と話して、女子会解散して、
飲み仲間が開いてくれた会に。

急だったのと、久々にゆっくり話したい子がいたので
こぢんまり飲もう!と言って少しの時間を過ごした。

すでに酔っ払っていたみたいで、あんまり覚えてないんだけど(笑、
わかばさんが用意してくれてた、
エコール・クリオロのケーキ、おいしかったなー!!!!
あれは、また食べたいなぁ。

そのちいさな飲み会のあと、これまた女友達の待つお店に行って、
珍しくもうお酒が飲めなくて、
とろりと濃いジンジャーエールを眠くて呆けながら飲んで、
いいお誕生日だなぁ、と思った。

この1年で出会った人に会うのが多い日だったから、
念のためここに特筆しておきますと、
だいたい誕生日って送り盆の日なので、
実家帰って喪服着て、たくさんの灯篭を吊るした船を海で見送るような、
そういう夜を過ごすことのほうが、ここ10年は多かったのです、わたし。

お盆が誕生日って、誰とも予定合わなかったりで
たいていさみしく過ごしていたので、ほんとにほんとに感謝の日でした。


そして今日は20代の若い友人がお誕生会してくれるとな!
おねえさんになるって、悪いもんじゃないなー。

うれしい。、、、という、33歳初の日記。



momentoを入れてから、ログの機能はこれでいいやと思っていたけど、
この開かれたとこで個人的なことを長々書くこの感じ、やっぱり、嫌いじゃない。

momento


続きを読む >>
| may | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
音楽をとめないで
また間が空いてしもた。

10日間で、5本の指に入る大好きなひとたち、
ワンマンで3本観た!うれしい。

先週土曜日は、ここ最近毎回観ております、
ザ・チャレンジのワンマン!



なんだろうね?この感じ。
みんなの人気とか、お客さんの雰囲気とか、、、、
なんであんなにハッピーなんだろう?

けっこう色々ライブ観てると思うのですが、
この多幸感、すごいな〜って。

初めてのワンマン、満員御礼の空間で
きっとはじめての人もたくさんいたのに、
みんな笑って笑って笑って、←
いや〜いい笑顔いっぱい。


というわけで、なんでそんな笑えるのか
知りたい人は次のライブ行ったらいいと思う。


付け加えると、「ワンマンライブ」っていう歌、
この日歌って、すごいよかったんだけど、
メンバーのヤンチャレさんが演奏しながら
ウケすぎて笑いまくってたとこが、いいバンドだなと。笑






翌日日曜日は、曽我部恵一BANDワンマン@クアトロ。
ソカバンは、毎回アルバム出すたびに、
一曲二曲、「んん〜?」という曲があって。
(いや実はもっとあるかも)

でも、そういう曲もライブ重なるごとに
よくなっていくのだけど。
今回のアルバムも飲み込もうとしたら喉の途中で
止まっちゃったけどどうしよう、みたいな
気分でライブ行ったのですが、、、、
“ソング・フォー・シェルター”が鳴ったときに、
なんだかソカバンを観てて久しぶりに泣きそうになった。

それはほんと、新しいソカバンのかたちが
ちょっとだけ見えた瞬間で。
で、ライブの感想、わたしの拙い言葉で
なんて書いたら伝わるのか、と思ってたら
プロがめっちゃ的確に書いていたので
これはもう、こちらをお読みください。
■RO69

そうなんだよねー。
ライブの、定番感がようやくがらりと変わって、
わかりやすく彼らが違うステージに向かっているんだなーと
何度も思うライブだったのですよ。
ムショ帰りみたいななんかすごいカッコいいソカさん含め!







そんでもって、この前の日曜日は
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団ワンマン!@WWW

たのしかったなぁ。
目をつぶるとまだ音がきらきらと流れてくるような。
奇妙さんはカバー曲も多いことで有名(?)ですけど、
「オーシャンゼリゼ」の訳とかホントすてきだし、
「Sweet Memories」は聖子ちゃんとのデュエットが
夢ではないような気がしたし(笑)、
今回の「サン・トワ・マミー」は痛いくらいよくて、涙でた。

サン・トワ・マミーの歌詞、すげー!あらためて!
ってじわじわ来たよ。






30過ぎて、同じ時代を見てたひとたちが
こうしてずっと頑張ってる感じが
たぶんきっと、元気を貰えてすきなんだよな〜。

映像ないけど、「音楽をとめないで」を
ソカさんと奇妙さんが歌ってたのも
わたしのなかでは象徴的だし、
そして、ザチャレの「ワンマンライブ」の
”30代、40代〜”のとこ、かなり、好きデス。


みなさま、たくさんの元気をありがとうございます。

続きを読む >>
| may | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
持つべきものは女友達


レイトで観に行こう、と軽く誘えば
ちゃんと出てきてくれるA子と、
行ってきました、「ブライズメイズ」。

わたしの語学力と文化力じゃわからない
ギャグとかについていけなかったのと、
「ハングオーバー!」と違って、
女子の下ネタってこんなにエグイか、、、
そりゃそうか、、、SATCメンバーだけに
許される女王様感みたいの、あるよな、、、
と、チラリと思ってしまう瞬間も
多々あったのだけど。

そしてヒロイン、アニーのめんどくささ、
イタさ、ダメさにクラクラする感じだったのだけど。

でも、それと同じくらいじーんとするシーンが、いっぱい。
いろんな女友達のこと、頭に浮かべたりして過ごしました。

わたし、ウィルソン・フィリップスわからないので
たぶんもう少し上の世代はもっとキュンキュンすると思うのだけど
この歌を巡ってのエピソードやシーンがいちいちよかったというか、
幼なじみの親友と過ごす酸っぱい時期とか、
そういうの、きっと女子はみんな思い出しちゃう映画なはず。


家族以外の愛する人を、いくら増やしてもよくて、
たった一人を大事にするのも、みんなでわいわい生きていくのも、
たまに励ましてもらうために会うだけでも、
変わらずに頼れて、きっとずっと一緒にいられるのが女友達。

、、、というのが、SATCを笑って観てたあの頃から、
着実に年を重ねた今の多感な(笑)時期に、
仲のいい女友達と観るとすごくグッとくると、思いました。



これから観に行く人は、
歌聴いてから行ってほしいかも!



アニーみたいに、超絶めんどくさい女子になること、
たぶんみんなある。きっと、ある。
でもいつもそばにいてくれる人がいて、
しあわせだなー、と、思ったのでした。


| may | 03:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
月面着陸
なぜか周りに好きな人がいないので、
今年になって初めてライブ行った、
スネオヘアー。

でもね、実は、わたし、
今もまだ、1年で聴くiphoneでの音楽の
1/5くらいはスネオさんてくらいに、
好きなんです。。。。

自他共に認める曽我部さんファンですけど、
聴く量は同じくらいって感じで、好きなんスよ。。。



ハイペースに三度めのお邪魔です!
最初は対バンイベントで観たし、
その次もソロだったので、
やっぱりちゃんとレコ発ツアー的なもの、
逐一行かなきゃダメよね…と思ってたのですが。

デビュー10周年のライブ、
心ときめかせて行ってほんとによかった!
あれもこれも聴けるのですか!!!という、
信じられないセットリストで、わたし、感無量。


ヒコウ、いちばん好きなのです。
この流れ、ほんとに、素晴らしすぎて倒れるかと、思った!!

お嫁ちゃんも書かれていましたが、
バンドセットでがっつりやるこの感じ、
ほんとに、もっともっと演ってほしいです!

そして、相変わらずの田中さんにも、
心のなかで、萌え〜。。。(笑)


| may | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
きらきらのおやすみ


連休は、軽井沢。
お久しぶりの無限で、
たくさん食べてお喋りして、
すごーくたのしかったなぁ。



でも、何が楽しくてうれしいかというと
仲間たちと、ごはんのことばかり
考えて喋って、買いにいくこと!

作ることも、食べてる時も、
食を共にする人と一体化できる時間て、
仲がいいだけじゃなくて、
味よりもその場を楽しく過ごしたいと思う、
気持ちがおなじなところがいいよね。



最終日のBBQは、灯りのつけかた、
みんなが上達。
そして、この買い過ぎなお肉


なんと、ペロリと、完食…!

去年、日本バーベキュー協会の会長に
飲み屋でとうとうと教えてもらったやり方で
強火エリア弱火エリアをちゃんと作って、
お肉は、おっきなまま焼く!

お魚は、下に玉ねぎを敷いて、
ホイル焼きに!!



これ、考えながら作るのすごい楽しかった。
やっぱり今度、ダッチオーブンデビューもしたい…!

| may | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウォルト展!
今日行っとかないと、もうチャンスがない!
と思って、行ってきました、松屋銀座。



ウォルトのこれまでの人生と仕事を
振り返るような展示。
すごく混んでたし、仕事の合間に行ったので
急ぎ足で見たのだけど、なかなか楽しかったかな。
個人的に、シリーシンフォニーのところで
かなり古いこぶたグッズが見れたのとかツボだった。


パークも楽しいけど、このシリーズや
ディズニークラシックのアニメーション映画に
いつも心をわしっとされる。

子どもがいる人って、
みんなバンビとかダンボとか見せるのかなぁ。
見せてほしいなぁー。


世界に何万人、この愛に触れて仕事してるひとがいるんだろう。
いつもそれを考えるだけで、
自分の仕事や夢のことを改めて想ったり。
バーバンクと繋がるっていうの、
貴重な楽しいことだったなあ。


帰り道はオリジナルグッズの嵐に
覚悟を持って挑む。
会場限定のカードたちに萌えまくり、
最後になんと出会ってしまった!

ビアンカっ!
出来については伏せるけど、買うよね。
そしてバーナードも、連れてくよね!



ウォルト・ディズニー展は、今度の月曜まで。
ご興味ある方ぜひー!


| may | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
備忘録
最近の日々。なんかもう、書くのめんどくさいからあくまで備忘録。

またマカロニケーキも作ったし、
人生で初めてフリマもしたし、
キラキラと素敵な日々を過ごさせていただいています。
みんなどうもありがとう。

大人になってから、「先週も会ったのにね〜」と笑い合う友人が、
こんなにできると思ってなかった!うれしいなぁ。

あと、この前友だちに、
「今住んでいる家からちょっとの距離にこんなにたくさん友だちがいて、
しかも趣味まであっちゃって、すごいことだけどすごい狭い世界だよね」
と言われたのだけど。

でも、ほんの10年前は、
その「趣味の合うひと」をネットで(BBSとかで!)
血眼で探しても、ぜーんぜん見つからなくて、
知り合えた数人の子達と嘆いてたのに!

”未だに小沢を聴いているなんていう
化石みたいな人はこの世にあと数人しかいないのではないか…”
てなふうに思っていたのに、なんてすごいの、この狭い世界。

SNSさまさまですなー。

とくにこの1年は、まったく別のつながりの友だちたちが
実は親友だったとか仕事仲間だったとか、
新しい発見がたくさんあって面白かったなぁ。

なんて、軽い日記のつもりが年単位で振り返っちゃった。



BiRDの発売記念パーチーに行った時に、
友人えみっちゃんのお友だちに、
「ああ!インスタで、えみっちゃんにいつもいいね押してる人だ!
えみっちゃんのコミュニティでこんなに仲良さそうなひとなら、
絶対に知ってるはずなのにって不思議だったから、やっと会えた!」
って言われて、なんかそういうの、すごいいいなぁと。


いいなぁと、思っていたら、その彼に
うちの仕事にぴったりのお誘いをしてもらって、
今日、とある撮影。
たのしい夕べだったのでした。

しばらくぶりだった義姉のおおきなお腹にも会えて、
嬉しいこと続き。ありがとーございましたー!
| may | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
Pina 踊り続けるいのち


このためにヒューマントラストの会員になったのに
またもこんな時期になっちゃったけど、観ました。
観ましたというより、目撃しました、という感覚かなぁ。

バレエを観るようになった時期に、
いつかはピナ・バウシュも、と思ったまま、
まだ私には早いだろうかとか、
公演会場がちょっと遠いとか、
そういう小さなどうでもいい理由で
遠回りしている間に亡くなってしまった。

その舞台の一片をまのあたりにして、
案の定とても後悔してしまう、
そういう内容でした。

彼女が生きている時に、舞台観てみたかったなぁ。
感受性のつよい、20代のうちに、観ておきたかったな、とも。
いつか、舞踊団としての公演はあるのだろうから、
その時にみんなで行きたいなぁ。


しっかししっかし、友達に聞いてはいたけれど、
あたらしい3Dのかたちでとてもよかった!
毎回3Dでアニメやアドベンチャー系のもの観るたび、
ひとの想像力ナメんな!と思っていたけれど、
効果的に使われる3Dの奥行きの、それ自体が作品で。

バレエ映画での抑揚のつけ方も3Dがうまいことはまってて、
すごく気持ちがよかった。

気になる方、ぜひこれは、映画館でお願いします。


Pina公式サイト
| may | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/19   >>

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

ことばのかけら

*Thank U 4 coming*

ブログパーツUL5

てふてふ。

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links